転職マニュアルZ

仕事選びは人生選び - 自分に合った転職を -

20代後半で仕事辞める

仕事辞めたい!20代・30代・40代・50代別に考えるべきこととは

コンサル山田
仕事辞めたいって思いうときって誰にでもある。

 

一生働ける仕事に巡り会えら幸せだけど…2人に1人は転職する時代ですから
秘書ひとみ

 

「今の仕事辞めたい」社会人なら誰でもそう考えてしまう瞬間はやってきます。

ではいざ仕事を辞めたいと思った時にはどんなことを考え、準備したらよいのでしょうか?

 

ここでは20代・30代・40代・50代の年齢別に、仕事を辞めたくなった時に考えるべきことをご説明します。

仕事辞めたいと思ったらぜひご自身の年代の記事をチェックしてみてくださいね。

 

「仕事辞めたい20代」は前半と後半で考えるべきことが違う

仕事辞めたい20代

 

「仕事辞めたい」と思ったのが20代でも前半と後半で大きく変わります。

新卒入社で20代前半だとまだ1年〜3年目。まだ研修期間の場合もあるでしょう。その段階で仕事辞めたいとなると一時的な可能性もありますし、その反面20代の貴重な時間を早めに自分に合った違う仕事に移ったほうがよい、という考えもあります。

20代後半となると3年目〜7年目とそこそこ中堅社員です。人によっては肩書がついて部下がいたりちょっとしたチームマネジメントを任されている人もいるでしょう。

20代前半と後半で分けてみてみましょう。

 

20代前半の1〜3年目で仕事辞めたい場合

入社して1年〜3年目の20代前半。そのタイミングで仕事辞めたいと思うのはどういった理由なのでしょうか。

 

  • 「思っていた仕事と違う」
  • 「もっとやれることがある」
  • 「仕事が面白くない」

こういったマイナスの理由が浮かんできた場合は要注意です。

実際のところは20代前半の入社3年目までは今の時代、自分のやる気次第でどうとでもなります。

第二新卒を募集する求人もたくさん出ており、応募先に困ることはないでしょう。

ただマイナス思考・責任外向き思考のまま他社に移っても、すぐに同様のマイナス思考に陥る可能性が大きいです。

また他社の選考を受けても、そのような理由だと「ウチもすぐ辞めるんだろうな」と思われても仕方ありません。第二新卒の転職は厳しい戦になるのです。

 

第二新卒の転職

有効求人倍率が上がっている現代でも第二新卒の転職は厳しいくなります。その理由と転職を成功させるポイントをまとめています。

参考記事:第二新卒の転職活動!失敗した経験者が語る「転職成功するためにこれだけは知ってほしいこと」

 

 

もちろん新卒入社した企業が違法ともいえるブラック企業の場合は一目散に辞めるべきですが、堅実な会社で身近な人間関係以外が悪くない職場ならもう一踏ん張りすることも大切です。何か一つでも仕事を覚える・達成する・やり抜くということを経験してから転職しても遅くはないです。

20代前半でも、少しの苦労・大変なことを乗り越えて一つ仕事を達成した人のほうが成長している感じが違います。そのほうがより自分の希望に合ったところへ転職できるでしょう。

「自分がやりたいことが仕事をしていく中で明確になった」「やりたい仕事が他の会社でしかできない」という前向きな理由や「ブラック企業すぎる」という理由でなければ20代前半での軽率な転職はおすすめしません。

今一度しっかり考えてみましょう。

 

コンサル山田
20代前半の「仕事辞めたい」理由は…ネガティブなことが多いんだ。

 

それが一時的なことなのか、部署異動で解決することなのか、今一度考えてみましょう。
秘書ひとみ

 

ブラック企業の見抜き方

焦ってブラック企業に転職することだけは避けましょう。ブラック企業の見抜き方をご紹介しています。

参考記事:ブラック企業を見抜け!事前のリサーチと面接でブラック企業を見抜くポイントとは

 

 

20代後半で仕事辞めたい 既に中堅社員のアナタは自身の将来設計をしっかりと

20代後半で仕事辞める

 

20代の後半ともなると早い人は役職について部下をもってチームをマネジメントしている人もいるでしょう。中には大きなプロジェクトを成功させた経験などある人もいるでしょう。

その反面、新人となんら変わらない扱いで苦労している人もいると思います。

もし仕事辞め、他社に移る際はこの2種類で分けられます。

 

  • 「若きマネジメント経験者」
  • 「新人と変わらない20代後半」

 

若きマネジメント経験者でさらなるステップアップのために、レベルが上の企業・仕事へ転職したいならチャレンジしてみるのもよいでしょう。もしくは今の会社に残って経営幹部を目指す、という選択肢もあります。安易に待遇面だけできめず会社の将来性なども含めよく考えてみましょう。

新人と変わらない20代後半の人は転職しても今よりレベルダウンする可能性は高いです。少なくとも今の会社であれば後輩がいることでしょうが、転職すると下手すると新卒と同レベルに扱われる可能性もあります。給与アップも望めないでしょう。

 

今一度、今の会社で一旗揚げることを考える選択肢もあります。思い切って転職する場合も決して諦めず今よりレベルの高い企業へ飛び込んでみるのをおすすめします。

20代の頃、まったく成果が出てなかった人が転職先で花開いて経営幹部まで上り詰める、なんてことはよくある話です。

ただし転職先は慎重に選ぶようしましょう。

 

コンサル山田
厳しい話だけど20代後半くらいから明確に差が出てくるんだ。

 

できれば前向きな転職をしたいですね。
秘書ひとみ

 

 

「仕事辞めたい30代」即戦力として最も期待される年代

仕事辞めたい30代

 

社会人としての能力のピークは30代、という人もいるほど30代は即戦力としてみなされるため今の仕事辞めて転職してもキャリアアップのチャンスが十分あります。

そこで考えるべきことは今までやってきたことです。自身のマネジメント力や経験、実績などを事細かに洗い出しましょう。そしてそれをどう活かせば次のポジションに役に立つのか、冷静な戦略が必要となってきます。

「自分の強みを転職先で活かせるんだ」というアピールを失敗すると、自分を安売りしてしまって待遇が格段に下回る企業に転職してしまうということも。一度待遇が悪化すると、元の待遇を受けられる企業に再度採用されることは至難の技です。下の企業に転職するのは簡単ですが、レベルアップして転職するのは本当に難しくなります。

また即戦力と適応力の両方を求められるのも30代の特徴です。

自分がどう即戦力となることができるのか、また新しい職場ややり方にすぐに適応できるのも重要です。その点もしっかりと考えましょう。新しい職場に適応できないと大きなストレスとなってしまいます。

30代からは転職エージェントを上手に利用するのもポイントです。自分にあった企業へより良い条件で転職するためには転職エージェントは必ず利用しましょう。

 

30代の転職は転職エージェント

30代の転職でより上位の企業へ転職を成功させるには転職エージェントの利用は必須です。

参考記事:転職エージェントおすすめ10選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

 

コンサル山田
30代で仕事辞めたいとなったらより上の会社を目指そう。

 

そのためには20代の頃からしっかりと経験を積んでないと、ですね。
秘書ひとみ

 

 

 

 

「仕事辞めたい40代」転職が難しくなってくる年代

仕事辞めたい40代

 

40代では実際転職で待遇をアップさせることはなかなか難しいことです。

転職回数は今の会社での勤続年数にもよりますが、40代でそこそこ長く働いたいてるとチームマネジメントを任されそれなりの給料になっているはずです。いきなり同じ給料水準で受けいててくれる会社は少なくなります。

そのため現在もらっている給与以上に求めるものがあるのかどうかをまず考えてみてください。

また40代は仕事を辞めてから転職活動をするのはNGです。なかなか次が決まらずに現在の半額以下の給与で仕事をしなければならなくなったケースも多々あります。どれだけ忙しくとも転職活動は現職を続けながら行うようにしましょう。

そして40代ともなれば、一般の転職サイトよりは専門の転職エージェントか取引先・ビジネスパートナーの紹介などでの転職が望ましです。自分のことを知っている人が間に入ってくれることで良い条件での転職が可能になります。

ご自身の適応力についても再考してみましょう。今までずっとやってきた仕事のやり方が通用しなくなるかもしれません。

転職を繰り返してきた人にとっては容易なことかもしれませんが、今まであまり変化を経験してこなかった人にとって新しい職場へ適応できるかどうかは死活問題とも言えます。自分の今までのプライドを捨て、年下の同僚・上司に教えてもらうことはできるのか?ということを自分自身に聞いてみてください。

 

また考えるべきことは家族からの賛同は得られるのか?ということです。

もしかしたら給与が大幅に下がる可能性や勤務地勤務体系がかわることもありますが、それでも家族は転職活動に賛同してくれるのでしょうか。家族の同意なしに転職してしまうと、家族関係が悪化したりと余計なストレスを生んでしまうことがよくあるのです。

 

 

40代からは「起業」という選択肢も

40代は能力も人脈も、今までの経験から豊富にある年代です。

「会社でやってきたことを生かし、起業することはできないか?」と考えることも選択肢の一つとして持っておいてはいかがでしょうか。起業のプロセスは大変ですが、40代なら体力的にも十分です。もちろんリスクは大きいので準備必要です。

ただ残りの人生、思い切ってチャレンジするもよいのではないでしょうか。

ご自身の経験を活かして新しい道へのチャレンジが可能なのか一度深く考えてみてください。

 

 

 

「仕事辞めたい50代」転職は他の世代に比べると圧倒的に不利

仕事辞めたい50代

 

50代は、長くてもあと10年しか働くことができないので、他の世代に比べると転職市場では圧倒的に不利なのは事実です。もちろん経営マネジメント級で同じようなエグゼクティブクラスの転職であれば、この記事で言及することではないでしょう。

第一線の現場社員50代が仕事辞めたいと思って転職を考える際には考えること2つあります。

 

1.貯金はあるのか

1つは「貯金は十分にあるのか?」ということです。

50代から転職すると給与が大幅に下がってしまうことは否めません。役職付きの給料から下手をすると新卒レベルに下がることあります。

そのため今後その給料で生きていくことができるのか?ということはしっかりと考えましょう。

 

2.紹介による転職

もう1つは「今までの人間関係を生かして転職することはできないのか?」ということです。

まずは50代が仕事辞めたいと思って転職する場合は自分のことをよく知っている人の紹介で転職する方法を考えましょう。知人からの紹介であれば自分がどのような仕事をするのか、信頼関係も出来上がった状態での転職なのでうまくいくことも多いのです。

 

 

いずれにしても50代で仕事辞めたいと思って転職する場合は40代以上に覚悟が必要となるので、現職を進めながら根気強く転職活動を進めていきましょう。

 

コンサル山田
40代以降は普通に転職サイトを使うより知人や取引先の紹介を狙いたいね。

 

紹介してもらえるような人脈をつくっておきましょう。
秘書ひとみ

 

仕事辞めたい年代別 まとめ

仕事辞めたいと思ったときに考えるべきことを年代別にご紹介してきました。

組織に属して会社員として仕事をしていれば「仕事辞めたい」と思うこともあるでしょう。

タイミングや年代によっては思い切って転職することでより良い仕事につけることもあります。

ただ現状の転職理由がネガティブなものばかりだと転職しても厳しい結果になることも。

20代、30代はまずは一つ仕事を達成させたりチームマネジメントを成功させた経験を得てからでも遅くありません。40代以降は仕事辞めたいと思っても安易に決めずに、転職はそれまでの経験・人脈を活かした転職が望ましいでしょう。

転職活動に踏み切る前にしっかりと考えて、転職活動を成功させてくださいね。

 

関連記事
第二新卒でやめたい時に考えること
第二新卒の転職活動!失敗した経験者が語る「転職成功するためにこれだけは知ってほしいこと」

  「新卒で入社してまだ1,2年だけど、この会社自分に合わない。このままツライ毎日なら早めに転職したい」そんな風に考えいてる人は多くいますし、ほとんどの人が1年以上勤めていれば一度くらいは本 ...

続きを見る

関連記事
転職エージェントおすすめ
転職エージェントおすすめ12選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

いまや転職を成功させるに欠かせないのが転職エージェント。 以前は年齢・スキル・経験によって転職の方法を変え、たとえば以下のように分かれていました。   以前までの転職方法 経験・キャリアを積 ...

続きを見る

関連記事
引き継ぎをしっかりと行う
「退職手続き」は慎重に!決して間違ってはいけない退職手続きを6つのステップで紹介

ビジネスパーソンなら誰もが一度は「退職をしたい」と思うことあると思います。 人間関係、仕事内容が合わない、待遇面が納得いかない、など理由もさまざまです。もちろん退職したいといっても必ずしもネガティブな ...

続きを見る

関連記事
優良企業もたくさんある
「就職してはいけない業界」に注意!「離職率が高い」「ブラック企業」が多い業界を紹介

転職で大事なことのひとつに「業界を選ぶ」というのがあります。 業界の構造上、イチ社員がどうがんばっても給料があがりにくい業界というのがあるのんです。反対に同じ努力・労働時間にも関わらず給料が右肩上がり ...

続きを見る

投稿日:2018年11月13日 更新日:

Copyright© 転職マニュアルZ , 2018 All Rights Reserved.