転職マニュアルZ

仕事選びは人生選び - 自分に合った転職を -

面接対策

面接で聞かれる「退職理由」王道4選~その答え方とは~

投稿日:

転職活動をご経験の方であれば、面接官に必ず「前職の退職理由」を聞かれることはご存知でしょう。

この「前職の退職理由」というのが非常に曲者です。しっかりと本当のことを伝えるべきか、それとも若干の脚色が入るにしてもとにかく前向きで耳あたりのよいことを伝えるべきか、面接のおりにはどうしても悩んでしまいます。

 

この記事では、面接の退職理由について、いくつかの回答例をお伝えいたします。
退職理由」という一見ネガティブな話題であっても、ポジティブな印象を与えることはできるんです。

 

面接で退職理由を聞く目的とは

そもそも、面接でなぜ退職理由を聞くのでしょうか。面接は短い時間・少ない機会で応募者の人となりを把握するために行うものです。

もちろん退職理由を聞くことは雑談の一環ではなく、そこに重大な理由があります。
まずは退職理由を聞く意味について見ていきましょう。

 

退職動機の確認

純粋に退職動機が知りたいというのが第一の理由です。長く勤めた方ならなぜその会社を退職したのか、短く転職を繰り返している方はどうしてひと所に留まって長期間働かないのかを確認します。退職理由によって、自社では長く働いてもらえそうかを検討します。

 

希望条件の確認

退職理由から、就労の希望条件もある程度見えてきます。給与や待遇に不満で退職したようでしたら、当然採用担当も給与面の検討をする必要が出てきます。休日数や残業量に関しても同様です。

 

志望動機の確認

退職理由によっては、志望動機に結びつくものもあります。例えば募集業務に専念特化したくて転職先を探している、という理由でしたら、採用担当からすれば条件に合致していると判断します。

逆に退職理由と志望動機が結びつかない場合、採用担当は「どうして当社の面接を受けているのだろう?」と疑問を持ちます。

 

本人のキャラクター把握

面接時にネガティブな話題をネガティブなまま伝える、あるいは愚痴を言ってしまう方を見れば、採用担当は「空気を悪くしがちな方」あるいは「不満をためこみがちな方」というイメージを持ちがちです。

 

 

退職理由代表4つのケース別回答例例

退職理由を聞く意味を見てきました。箇条書きにしてまとめると、

・ポジティブに応えること
・志望動機と結びつきがあること

が重要だとわかります。

 

以下では、ケース別に退職理由例を示していきます。
なお、「○○」には募集されている職務が入ります。

給与や評価に不満があった場合

「前職では○○の職務に付き、経験を積んでまいりました。その経験を活かし、さらにステップアップしたいと思い、相談の上で前職を退職いたしました。
今回、御社が○○を募集しているのを見て応募いたしました。より多くの成果を上げ、それに伴って、評価いただけるように励みたいです。」

「給料が安かった」「評価されなかった」は面接担当が警戒する回答となるので、直接的な表現は避けます。

 

休日や残業に不満があった場合

「前職では職務内容や人間関係には満足していたのですが、残業や休日出勤が多く、なかなか自己のスキルアップに対する十分な時間を取ることが出来ませんでした。自己研鑽も積極的に取り組んでいきたいと思っています。そのためにはメリハリを持って業務に取り組める環境で働きたいと思い、退職を決意いたしました。」

なんとなく休みが欲しい、残業が少ないほうがいいという形でなく、あくまで自己研鑽の時間をとるためというポジティブな形にしています。自己研鑽の内容が募集職種とマッチングしていると効果的です。

 

人間関係に不満があった場合

「前職では個々に作業を進めることが多く、コミュニケーションを取りながらの業務が少ないと感じていました。ただ、私はチームで一丸となりコミュニケーションを取りながら仕事を進められる環境を好ましく思っています。組織とともに自身も成長できる環境を求め、転職を決意致しました。」

人間関係として疎外感を感じている、パワハラを受けていると感じていたとしても、面接担当にとってはその具体的な状況が把握できるわけではありません。

 

職務に不満があった場合

「前職では当初○○として働いていたのですが、人事配置の関係で他業務に取り組むこととなりました。他業務で見識を深めることが出来たのですが、私としては○○の職務でさらにスキルアップしたいと考え、相談の上退職しています。
今回、御社が○○を募集しているのを見て応募いたしました。希望の職種ですので、御社採用のおりには懸命に働きたいと思っています。」

異動そのものへの不満という形でなく、自分のこだわりがある職種で勝負したいという形を前面に押し出しています。

 

 

短期間で退職した場合の「退職理由」例

以上、ケース別に退職理由例を見てきました。ただ、「短期間退職の場合」についてはあえて触れませんでした。

短期間で退職をしている場合、採用担当はネガティブなイメージを最初から持った状態となります。正直に回答してもなかなかポジティブなイメージとならないことから、回答には若干の工夫が必要になります。

志望動機と繋げる

「前職では様々な業務に取り組んでいました。そのうちに、○○に特化した業務に強い興味を覚えました。さらに成長したいと考え、相談の上前職を退職しております。このたび、御社が○○を募集していたため、志望いたしました。じっくりと腰を据えて働き、御社に貢献したいと思います。」

辞めた理由が志望理由と直接つながるようにしつつ、「腰を据えて」という表現で長期間働く意欲があることを示唆します。

 

方向性に変更がないことを伝える

「○○の業務を志望して前職につきましたが、人員配置の関係から別業務を担当することとなりました。様々な経験を積むことができ学ぶことも多かったのですが、当初の○○の業務志望が捨てきれませんでした。
元々の志望動機である○○を御社が募集していたため、今回応募いたしました。」

前職の志望動機と今回面接の志望動機が同じことを伝え、一貫性をアピールします。その際、前職についてはネガティブな表現とならないように配慮します。

 

希望があって離職したことを伝える

「前職で様々な経験を積むうちに、○○の業務をさらに専門的に取り組んでいきたい気持ちが強くなりました。短期間ではありますが、経験を積ませていただいた前職には感謝しております。
現在は、○○の業務の学習のため、職を離れております。このたび御社が○○を募集していたため、応募いたしました」

将来的な職種希望があり、それが募集と合致していること、また前職でも経験があることを伝えます。前職の退職理由や、退職後なにをしていたかもあわせて伝えることが出来ます。離職期間中に、なにがしかの資格が取れていればさらに説得力が増すでしょう。

 

まとめ

以上、退職理由についていくつかの回答例を見てきました。

もちろん上記の回答をすれば必ず好印象、というわけではなく、状況によってはかえって悪印象を与える可能性もあります。その面接でそれまでにどのような話をしてきたか、どのようなタイミングで切り出されたかもしっかりと考慮にいれてください。

あらかじめいくつかの「退職理由」を考えた上で面接に臨むといいでしょう。

冒頭にも書きましたが、「退職」というのはネガティブなイメージを含みがちなものです。いかにポジティブな表現をするか、採用担当が意図を汲み取ってポジティブなものとなるように回答することを心がけてください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
転職コンサル山田

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

まずはこの話題の記事から

転職エージェント おすすめ 1

年齢・スキル・経験によって転職の方法は変えていかなければなりません。 とくに経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は転職のプロである転職エージェントを利用した転職が成功の鍵であることは間違いな ...

ブラック企業 見抜く 2

どんなに転職に焦っていても絶対に「ブラック企業」だけは避けなければなりません。 世間的にはあまりに酷いブラック企業はSNSなどで叩かれる時代になりましたが、まだまだ隠れブラック企業は星の数ほどあります ...

職歴なし 3

「職歴なし」から就職ってできるのでしょうか。 大丈夫です。今のタイミングであれば充分に「職歴なし」からも就職が可能です。   ただし企業側から見ればもちろん職歴がある人が有利ですし「職歴なし ...

雇用契約が違う 4

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚や老後などの考えられない」 「責任のある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由はいろいろあれど、フリ ...

転職口コミサイト 5

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-面接対策
-,

Copyright© 転職マニュアルZ , 2018 All Rights Reserved.