転職マニュアルZ

仕事選びは人生選び - 自分に合った転職を -

転職マニュアル

転職に役立つ資格〜有名な資格5選〜

投稿日:

転職活動においてそれまでの経験や知識を「形」とする方法として、資格の取得は有効な方法です。

また職務によっては特定の資格取得が必須の場合があります。ただ、やみくもに資格を取得していくことは、はたして転職に有効なのでしょうか。

この記事では、どのように資格を取れば転職に有利になるのか、どのような資格が転職に有利となるかをお伝えいたします。

 

転職に役立つ資格5選

資格取得は自分が関わる職種・業種にそって選ぶのが一番です。とはいえまずはどの業界で必要となるような基本的な資格を5つご紹介いたします。

そこで、以下ではいくつか汎用性の高い資格をお伝えいたします。

TOEIC・TOEFL

インターネットの流通により社会のグローバル化が進む中で、語学の取得はプラスにこそなれ、マイナスとなることはありません。過去は英検がその役割を担っていましたが、近年ではTOEIC・TOEFLのスコアを採用時の検討材料としているケースが多くなっています。

フロントオフィス・バックオフィスの双方で需要があります。その他、語学の取得そのものがプライベートにも活かせるというメリットもあります。

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

語学と同じく、フロントオフィス・バックオフィスの双方で需要があるのが、PCの使用スキルです。MOSはマイクロソフトオフィスのスキルを証明するための資格です。オフィスはほとんどの業種職種で活用されることから、獲得することに無駄はないでしょう。

ただし、オフィスのバージョンによって試験・資格が異なることから、常に最新の資格を追いかけ取得するのはやや煩わしいです。

また、若年層の転職活動ではアピールにもなりますが、経験を求められる年齢層ではアピール材料としては弱い資格となります。

 

ITパスポート

MOSはオフィスというソフトに関する資格ですが、ITパスポートはITそのものに関する資格となります。IT技術だけでなく、業務管理や経営戦力等、「IT技術が実際に使われる状況」も含めた、幅広い内容から出題されるのが特徴となっています。

「簡単なPCスキルが必要」と書かれた転職の募集概要をよく見かけますが、「簡単なPCスキル」というのの幅は非常に測りにくいものです。そのような場合に、ITパスポートを保有していれば、まずPCに関しては問題ないという判断となります。

 

ファイナンシャル・プランナー(FP)

家族構成や収入・支出、資産、保険など、あらゆるデータをもとに、個人のライフプランを立てるための資格です。金融や保険、不動産等、BtoCの営業職の中でも、長期的あるいは多額の資産計画が伴う現場で有用な資格です。

 

日商簿記

一方で事務職の中で汎用性の高いのが日商簿記となります。
会社の資本や負債等の記載方法に関する資格で、経理や総務はもちろんのこと、一般事務でも経理の一次的な作業を行うケースが多いことから、バックオフィスの転職を考える際にはまず取得したい資格です。

 

転職活動で資格のメリットデメリット

そもそも、転職活動に資格は必要となるのでしょうか。

先にお伝えした通り、資格保有者のみ行える業務があることから、応募時に資格取得が必須となることがあります。また、募集サイトに「歓迎項目」として資格が記載されている場合があります。

このような場合も、資格を保有していることが有利に働きます。資格を積極的に取得することで、自己研鑽に意欲的だというアピールにもなります。

 

ただ、やみくもに資格を取得することが転職活動にプラスになるということではありません。

まず資格の取得が多すぎる場合、書類選考時や面接時にアピールが分散してぼやけてしまう場合があります。極端な話ですが、面接担当が履歴書を見た際に、100も取得資格が書いてあればやはりひとつひとつを精査することが難しくなりますし、また応募者がキャリアプラン上で何を考えているか、その意図が掴みづらくなります。

また、保有資格が専門的であるにも関わらず、異なる業種を志望する場合には、その資格がかえって転職の邪魔になります。採用担当とすればなぜ異なる業界に飛び込もうとしているのかがわかりませんし、なにより「すぐに退職してもとの業種に戻るのでは」という不安を抱きがちです。

 

複数の業種を募集している場合は、応募者の希望とは異なり、資格が活かせる部署で採用となるケースもあります。こうなると、せっかく武器として手に入れた資格もかえって邪魔になります。

また、資格が必要ないケースもあります。特定の専門業務に長く携わっている方は、資格という「形」にこだわらなくとも、経験や知識を有しているものとみなされます。

 

経験は、卓上の勉強のみである資格保有よりも有効であるケースが多いため、どのような経験を積んできたか、具体的に職務経歴書等に記載するのが効果的です。

 

 

 

転職活動に役立つ資格の選び方

資格取得が転職によくも悪くも影響を与えるのは前述の通りですが、ではどのような資格を取得していけばいいのでしょうか。

まず、資格の取得を漠然と考える前に、ご自身の経歴とこの先のキャリアプランとをしっかりと考えることが重要になってきます。

新しい仕事に取り組みたいと考えていても、それまでの経歴にない職種・業種への転職は原則として難しくなる傾向にあります。特に年齢が上がってくると、それに反比例する形で転職が難しくなります。そこから、ある程度の年齢からの転職は、原則として前職と同じ業種あるいは職種を目指すのが通例となります。

 

上記を考えると、「現職の業務に近いところ」の資格を取得するのが基本となります。例えば経理ですと簿記や税理士の資格を目指すとよいでしょうし、海外との取引が含まれる営業職ですと、外国語の資格や貿易実務資格、通関士の取得が有効でしょう。

資格取得は転職に有利となるだけではありません。現職在職のうちに資格取得ができれば、現職でも年収やキャリアアップの可能性が出てきますし、転職の必要がなくなるかもしれません。

「業務に連続性のある資格の取得」はやはり有益なのです。

 

まとめ

 

以上、転職に役立つ資格〜有名な資格5選〜についてご紹介しました。

資格を取ることのデメリット等も説明いたしましたが、「資格はあれば便利」であることに変わりはありません。ただ、キャリアアップのための転職を考えるとするなら、そのキャリアに沿った資格をしっかりと選んでいかねばなりません。

資格取得を楽しんでされている方や、取得資格数を増やすことを目的にしている方を否定するつもりはありません。ただ、転職やキャリアアップを考えの資格取得を考えるのであれば、資格取得そのものが目的とならないように十分に注意しましょう。

 

資格によっては短期的な取得が難しいものもあります。複数科目に跨っているため、最短でも数年単位の年月を要するものもあります。

キャリアプラン・ライフプラン、また転職を考えるようであればその時期も含め、計画的な取得を目指してください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
転職コンサル山田

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

よく読まれている記事

転職エージェント おすすめ 1

年齢・スキル・経験によって転職の方法は変えていかなければなりません。 とくに経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は転職のプロである転職エージェントを利用した転職が成功の鍵であることは間違いな ...

ブラック企業 見抜く 2

どんなに転職に焦っていても絶対に「ブラック企業」だけは避けなければなりません。 世間的にはあまりに酷いブラック企業はSNSなどで叩かれる時代になりましたが、まだまだ隠れブラック企業は星の数ほどあります ...

雇用契約が違う 3

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚や老後などの考えられない」 「責任のある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由はいろいろあれど、フリ ...

20代後半で仕事辞める 4

コンサル山田仕事辞めたいって思いうときって誰にでもある。   一生働ける仕事に巡り会えら幸せだけど…2人に1人は転職する時代ですから秘書ひとみ   「今の仕事辞めたい」社会人なら誰 ...

転職口コミサイト 5

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-転職マニュアル
-,

Copyright© 転職マニュアルZ , 2018 All Rights Reserved.