【転職成功&年収アップ】転職7回年収1,000万円→240万円→2,000万円と経験して学んだ4つのこと

コンサル山田
今回は俺の自己紹介をからめながら7回の転職を経験した「年収アップ」の大事なポイントを紹介したい。

 

私は新卒から起業するまで合計7回の転職をしてきました。

20代の頃は仕事が順調で20代で年収1,000万円までになり、述べ200人以上の面接をしながら20人の部下がいました。

その後さらなるキャリアアップを目指し友人の会社へ専務取締役として入社。管理部門の担当役員として40人の社員を抱え経営者として仕事をしていましたが経営はうまくいかず役員報酬は月額20万円までダウン。30代で年収240万円という状態になったのです。その後紆余曲折経てまた会社員、転職、そして40代になり自ら起業し経営者となりました。今では仕事も順調で年収2,000万円まで復活したのです。

 

年収自慢より転職で大事なポイントを教えてください。
秘書ひとみ

 

コンサル山田
わ、わかった…7回転職して学んだ年収をアップさせるための大事なポイントを伝えていくぞ。

 

私が7回の転職を経験して「年収アップの4つのポイント」をお伝えします。もちろん「年収アップ」だけではなくやりがいをもって長く働けるポイントも合わせてご紹介しています。

 

年収アップのポイント

  • 「やりがい」を感じる仕事につく
  • 「成長業界」で働く
  • 年代別・キャリア別の転職方法
  • 転職先企業を間違わないために

この4つのポイントをしっかり抑えれば転職成功をつかみ取れるはずです。

 

コンサル山田
と、その前にこの記事は転職のときに何度も読み直して欲しいからぜひ「はてなブックマーク」などに登録して欲しいぞ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

はてなブックマークやってない人は「LINE@」登録でも大丈夫よ。後から何度でも読めるようにこのページのURLをLINE@で送るわ。
秘書ひとみ

 

友だち追加

 

年収を決めるのは「学歴」でも「職歴」でも「努力」でもない要素 があった

年収を決める要素とは

 

私は新卒から起業するまで合計7回の転職をしてきました。

20代の頃は仕事が順調になり20代で20人の部下を持ち年収1,000万円に。

その後さらなるキャリアアップを目指し友人が経営するスタートアップへ専務取締役として入社。管理部門を担当役員として40人の社員を抱え経営者として仕事をしていましたが経営はうまくいかず役員報酬月額20万円までダウン。30代で年収240万円という状態に。

その後紆余曲折経てまた会社員、そして40代になり今では自ら起業し経営者となりました。今では仕事も順調で年収2,000万円まで復活しました。

7回の転職で20代で年収300万円⇒1,000万円、30代で240万円⇒500万円、40代で2,000万円と経験したのですが年収を決めるのは「学歴」でも「職歴」でも「努力」でもない要素があることに気が付きました。

私の経歴と共にその年収アップのポイントをご紹介します。

 

コンサル山田
この記事を参考にしてただの年収アップだけじゃない、やりがいのある仕事にもついて欲しい。

 

 

俺の転職経歴「40代転職7回」

私の経歴

 

40代年収2,000万円と日本の平均年収では高めの収入を貰えるようになりましたが、私は決して高学歴でもエリート街道を歩んで来たわけでもありません。

学歴 Fランク大学

安心してください。大学はいわゆるFランク大学です。国内大学ランキングTOP100位にも入っていません。

1社目 大手通信機器販売会社

新卒では就職活動も早めに終わらせたい一新で、大量採用していた大手通信機器販売販売会社へ就職。中小・零細企業へOA機器を販売する営業職からキャリアをスタートしました。

しかしあまりのキツさに1年足らずで退職。新卒入社なのに1年未満で辞めたのです。

2社目 街の印刷屋

就職氷河期真っ只中。街の小さな印刷会社になんとか就職。年収300万円以下です。そこでは飛び込み営業職を2年。オンデマンドプリントやネットプリントが普及してきたタイミングもあり、昔ながらの印刷会社ではどれだけ足を棒にして売り込んでも売れませんでした。

3社目 ベンチャー企業

その後、当時では珍しいウェブサービスを展開するベンチャー企業、後にM&Aを繰り返し最終的には東証一部上場の大手インターネット企業へ。

印刷会社では年収300万円以下だったが、わずか2年後には年収600万円、更にその2年後にはその会社で年収1,000万円と3倍以上になったのです。

4社目 スタートアップ企業

その後起業ブームに乗り友人が起業したスタートアップの会社に入社。専務取締役として管理部門を担当役員として一時は40人の社員の会社へ。
しかし経営はうまくいかず役員報酬は月額20万円までダウン。20代で年収1,000万円までいったのに30代で年収240万円という状態になったのです。

結局、その会社はダメになり私は役員を辞任。

5社目 ベンチャー企業

また社員として就職。インターネットサービスのベンチャー企業へ入社。元経営者としてマネジメントを期待され年収は500万円へ。しかし経営者と折り合いが合わず、またマネジメントでも結果をだせず2年で退職。

6社目 インターネット系上場企業

次に入社したインターネット関連の会社でも経営者と合わず1年以内に退職。

7社目 ベンチャー企業→上場

また別のインターネットサービス(広告関連)のベンチャー企業へ転職。その会社では5人程度のチームマネージャーとして入社。数年後、その会社が200人規模となり株式上場。
設立間もない頃に入社した私はストックオプションを得ることができ、上場後に行使・売却。

そのおかげでまとまった資金ができたので後輩にポジションをゆずり退職し自分のやりたいビジネスで起業することに。

 

8社目 独立

40歳で起業し、今はウェブサービスの事業を中心に2名で会社経営をしています。現在は年収2,000万円です。

 

 

「7回の転職」で学んだ年収アップの3つのポイント

年収アップのポイント

このように私は大学を卒業してから40歳までに仕事を転々としてきました。

自分自身が転職を繰り返して来た結果、成功・失敗をたくさん学んできました。

そして転職をしながら自分自身・いろんなビジネスパーソンを見ていく中で年収を決める要素は自分の努力だけではないことを知りました。

40歳、転職7回して年収240万円から年収2,000万円になるまでに学んだ大事なことをご紹介します。

学んだ大事なこと

  • やりがいを感じる仕事を選ぶ
  • 成長業界で働く
  • 年齢・キャリア別の転職方法
  • 失敗しない転職先探しの方法

 

コンサル山田
それで1つずつ紹介するぞ。

 

やりがいを感じる仕事を選ぶ

やりがいを感じる仕事

 

まず仕事をする前提となることですが「やりがい」を感じる仕事を選ぶことが年収アップには大事です。

起きている時間の半分以上を仕事をしなければならいのであれば「やりがい」を感じるほうがいいですよね。たとえ短期間だけ働くつもりだとしてもつまらない仕事・面白くない仕事より「やりがい」を感じる仕事の方がいいに決まってます。

そしてこの「やりがい」を感じる仕事ではないと、いくら優良企業と言われるところに転職しても結局長続きしなかったり、つまらない毎日が続くことになってしまします。

 

コンサル山田
やりがいがない仕事をダラダラしてたって給料は上がらんよ。

 

やりがいを感じる仕事ってどうやって探すのでしょうか。
秘書ひとみ

 

コンサル山田
やりがいのある仕事にはこの5つの要素が重要になってくるんだ。

 

人が「やりがい」を感じる仕事は5つの要素があります。

実はこれは有名な話で科学的にも証明されているんです。

2007年にアメリカ心理学会(APA)が20万人を超える人に対して調査を行い、「仕事のやりがい」について科学的に発表をしています。

参考Integrating motivational, social, and contextual work design features: A meta-analytic summary and theoretical extension of the work design literature.(英文)

 

このレポートによるとやりがいを感じるには5つの要素があるのです。

  1. 自分で仕事をコントロールできるか
  2. 仕事の内容に幅があるのか
  3. 適度な難しさがあるのか
  4. フィードバックがあるのか
  5. 全体に関われるのか

 

自分で仕事をコントロールできるか

やりがいを感じる1つ目の要素は「どれだけ自分で仕事をコントロールできるか」です。

口うるさい上司からいつも命令ばかり受け、指示されたこと以外できない・評価されないだとやりがいを感じません。

自分で判断でき自分の考えで動ける仕事に人はやりがいを感じます。

 

仕事の内容に幅があるのか

やりがいを感じる仕事には「仕事の幅」があります。

同じ仕事を何年も何年も続けているとやりがいを感じなくなるのはそのせいです。

今の仕事の延長上で新たしい仕事・いろんな仕事にチャレンジできるとやりがいを感じるのです。

 

適度な難しさがあるのか

簡単過ぎる仕事・目標達成が非現実な仕事だとやりがいを感じなくなります。

程度な難易度で適切に努力をすれば目標達成可能な仕事にやりがいを感じるのです。

 

フィードバックがあるのか

自分の仕事について評価され、褒められたり改善のアドバイスを受けたりすると仕事にやりがいを感じます。

一切評価されない、褒められない、アドバイスもない、こんな状態が続くと人はやる気をなくします。

またフィードバックの大事なポイントとして給与・賞与に反映されるというのも重要です。

 

自分で仕事をコントロールできるか

仕事の全体に関われているかも重要です。

たとえば市場調査から商品企画、開発、セールス、マーケティング、アフターフォローと事業全体にかかわれる仕事はやりがいを感じます。

それに対して「セールスだけ」「市場調査だけ」でそれ以外のことは一切知らされない、という事だと人はその仕事にやりがいを感じなくなってしまいます。

 

この5つの要素が入っている仕事を選ぶことで「やりがい」を感じ、仕事も長続きし成果も出せるようになり年収アップにつながるのです。

 

この「やりがい」についてはコチラの記事「やりがいのある仕事とは?」でも詳細にまとめています。

やりがいのある仕事とは
やりがいのある仕事とは?やりがいを感じる5つの要素とやりがいのある仕事の探し方

「やりがいのある仕事」ビジネスパーソンは起きている時間の半分以上、仕事に関わっているのですから、心の底からやりがいを感じる仕事に就きたいものですよね。 仕事がやりがいある人生幸福度も上がります。 そん ...

続きを見る

 

 

成長業界を選ぶ

成長業界を選ぶ

 

次に年収アップに一番大事なことですが転職する業界で「成長業界」を選ぶということです。

ニュースなどで「ボーナス◯◯ヶ月!」「◯◯%昇給!」「売上◯◯年連続アップ!」と報じられるその多くは伸びている業界です。衰退業界ではどれだけ個人ががんばっても年収アップは期待できません。

成長業界で働くメリットをご紹介します。

 

給料アップが期待できる

「伸びる業界」で働くということは給料アップやインセンティブアップが期待できます。

伸びている業界では、取引先もどんどん増えお金が入ってきます。利益も出やすくその分を給料に上乗せしてもらえたり、インセンティブとしてそこで働く社員に返ってくるのが大きなメリットですね。

 

コンサル山田
私は衰退業界から成長業界に転職しただけで3年後に年収2倍になったんだ。

 

新しい仕事がどんどんくる

伸びている業界のサービス・モノは手放しでも問い合わせがたくさん来てどんどんサービスが売れます。

営業職経験者ならお分かりかと思いますが、新規開拓営業ってたいへんですよね。

 

コンサル山田
とくに売れない商品の新規開拓営業は地獄だ。

 

「伸びている業界」なら、こちらから営業をかけなくてもどんどん問い合わせがきます。

誰も欲しがらないモノやサービスを強引に売り込む営業はとても大変ですが、マスコミなのでも注目され、誰もが欲しいと思うモノ・サービスを持っている業界なら無理に売り込む営業活動が必要なくなるのです。

 

自分自身も成長できる

成長業界に身を置けば自分自身も成長できます。

成長業界だと、新しい技術がどんどん生まれます。また伸びている業界の波に乗ろうと、他の業界の会社が共同でビジネスを持ちかけてくることも多々あります。そのため技術的な知識が付き第一線のスキルを学びやすいため、自分の武器を育てることができます。

さらに他業界の優秀な人材も集まってきます。そういう人たちと一緒に働くことは毎日がエキサイティングです。

人が増えれば組織も大きくなり、自らがリーダー・マネージャーになれるチャンスもあります。リーダー・マネージャーとしてスキルアップできれば給料大幅アップのチャンスです。

 

コンサル山田
伸びている業界で経験を積むと次に転職するときに大幅年収アップなんてことにもなるぞ。

 

この「成長業界」についてはコチラの記事「伸びている業界」でも詳細にまとめています。

この先伸びる業界は?
この先10年伸びる業界へ転職して人生逆転を狙おう!

コンサル山田衰退業界で働くといつまでたっても給料があがらんぞ。将来のことを考えると常に伸びる業界で働く事を意識しなければならない。   「今いる会社が明らかに衰退産業」 「景気が悪すぎて給料 ...

続きを見る

 

 

年齢・キャリア別に転職の方法を変える

優秀な人材とは

 

転職成功&年収アップするための大前提として「やりがいのある仕事」を選ぶ、というのと「成長業界を狙う」というのをお伝えしました。

 

次に転職成功&年収アップで大事なことは「転職は年齢・キャリア別」に転職を考えなければなりません。

 

当たり前ですが20代の若手の転職と40代のマネジメント職の転職活動は異なります。自分の年齢・キャリアにあった転職をしましょう。

 

20代若手社員の転職について

  • やりがいのある仕事
  • 成長業界を狙う

20代こそ先程紹介した「やりがいのある仕事」かつ「成長業界を狙う」ようにしましょう。

若いうちに伸びている業界で自らの考えで動けるような会社で働けると3年後、5年後、10年後、大きく成長できます。逆に「やりがいがない」「衰退業界」で20代を過ごしてしまうと仕事嫌い・スキルなしの人間になってしまいます。

最近の20代で「サラリーマン批判」「社畜」といった感情をもってしまっているのはこの「やりがいがなく」「衰退業界」で働いているからです。

20代の若手こそ「やりがいのある仕事」かつ「成長業界」を狙いましょう。

 

30代中堅社員の転職について

  • マネジメントポジションを狙う
  • 自分の経験の延長線で得意分野を伸ばす

30代から大きく年収に差がついてきます。

「やりがいのある仕事」「成長業界を狙う」はもちろんのこと、30代になると更に「マネジメントポジションを狙う」ことが年収アップには重要になってきます。

マネジメントといっても経営者までではなく、3人、5人、10人でもいいので部下をもつリーダー、マネージャー、課長、部長といったポジションになることです。

結局自分ひとりで挙げられる成果には限界があります。1人で週5日40時間プラスαでは挙げられる成果にはどんなにがんばっても限界があるのです。

それが3人、5人、20人のチームで業務をすることで何十倍、何百倍もの成果につながるのでそのチームのトップであるマネジメントポジションになることで年収が上がるのです。

年収を上げるにはマネジメントポジションを狙うのが近道です。

そして30代からは未経験の分野にチャレンジというより、これまで自分が関わってきた業務の延長線で自分の強みとなる分野を作っていくことが大事です。

たとえば20代はさまざまな営業職をやってきた人は、30代からは更にその経験を生かして「法人営業」「代理店営業」と特化していくのか、「営業企画」「現場を知っているマーケティング職」と20代の経験を加えたキャリア形成が重要になってきます。

 

コンサル山田
30代で経験ゼロの未経験職種に転職してしまと、年収が20代の頃に逆戻りしちゃいからな

 

自分のこまでの経験の延長線で得意分野を伸ばすような職種へ転職しましょう。

 

40代マネジメント職の転職について

  • 自分にあったポジションをピンポイントで狙う
  • 30代で確立したスキル・経験の延長線で考える

40代になってくると転職活動も集大成になってきます。

更に年収アップを目指すのに大量若手採用が掲載されている転職サイトなどを中心に転職活動をしてはいけません。転職エージェントのチカラをつかって自分にピッタリあったポジションを狙った転職をしましょう。

たとえばマネジメントにしても3人くらいが得意なのか、10人なのか30人以上みれるのか、と40代になってくると自分の得意分野がわかってくると思います。

部下と伴走型のマネジメントなのか、率先垂範型なのか、どんどん任せる型なのか、など仕事のスタイルも確立してきます。

自分のチカラが活かせるポジションで更に社風に馴染める、経営陣も考えに共感できる、という会社になってくると、本当に限られてきます。

 

コンサル山田
40代で年収アップの転職が難しいいのは、自分に合う仕事が限られてくるからなんだ

 

そのためいろんな転職エージェントやヘッドハンティング会社に登録をして常に転職情報をキャッチして置かなければなりません

自分のチカラ活かせるポジションがでてきたらすぐさま話を聞けるような体制をとっておきましょう。

 

コンサル山田
40代は「なんか合いそう」くらいの思いつきで転職してはダメだぞ。

 

「ヘッドハンティング」についてはコチラの記事「ヘッドハンティングのメリットと注意点」でも詳細にまとめています。

ヘッドハンティングされる人材
ヘッドハンティングで転職は要注意!ヘッドハンティングのメリットと注意点

「ヘッドハンティング」優秀がビジネスパーソンに声がかかる特別なスカウトです。   コンサル山田ビジネスパーソンとして「ヘッドハンティング」という言葉にどこか憧れがあるな。   ヘッ ...

続きを見る

 

職歴なし・フリーター・第二新卒の転職について

  • まずは正社員になる
  • 教育体制がしっかりしているところ

最後に既卒職歴なし・フリーター・すぐに辞めてしまった第二新卒の転職についてです。

20代のころは自由な「フリーター」もいいですが、そのままだと将来厳しくなります。有効求人倍率が上がっている2019年の今、まず「正社員」になりましょう。

今のタイミングであればフリーターからでも充分に正社員を目指せます。

ただ今の有効求人倍率はいつまで続くかわかりません。5年〜10年周期で景気は大きく変動します。間もなく不景気が訪れ、次の有効求人倍率が上がるのが10年後、なんてことも考えられます。

実際に2008年のリーマンショック後に有効求人倍率が0.5以下まで下がりました。失業者が溢れた時代です。今のタイミングを逃すといつ正社員になれるかわかりません。

 

コンサル山田
既卒職歴なし・フリーター・すぐに辞めてしまった第二新卒は、まずは正社員を目指すんだ。

 

正直なところ、いくら有効求人倍率が高いといえども有名企業や自分が希望する人気企業にいきなり入るは難しいです。

しかしながら一旦「正社員」として働いて2年、3年キャリアを積んで自分が希望する人気企業へ転職するという方法も充分にあります。いま「正社員」の道を逃してしまうと10年後には完全に途絶えてしまいます。

 

職歴なしからの就職」「フリーターから正社員」についてはコチラの記事でも詳細にまとめています。

職歴なし
「職歴なし」でも就職問題なし!80%が成功した仕事選びから履歴書、面接の方法まで解説

「職歴なし」から希望の会社へ就職ってできるのでしょうか。 大丈夫です。 有効求人倍率が上がっている今のタイミングであれば「職歴なし」からも希望の会社への就職が充分に可能です。   ただし企業 ...

続きを見る

雇用契約が違う
フリーターから正社員になろう!2019年最大の就職チャンス到来中〜就職完全マニュアル

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はおろか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由は ...

続きを見る

 

 

転職で大事なことは情報量

 

最後4つの目のポイントです。

失敗しない転職先探しの方法です。

 

  • 複数の転職エージェントを利用する
  • 転職口コミサイトの活用

 

複数の転職エージェントを使う

今や転職活動に欠かせないのが転職エージェントです。

それも1社ではなく2社、3社と複数の転職エージェントを使いましょう。複数の転職エージェントから情報をもらいながら転職活動をすすめることで、自分に合う企業を見つけられる可能性が上がります。

たとえば1社だけだと、その転職エージェントの言うことでしか判断できませんが、2社、3社並行利用していれば他の転職エージェントから新しい情報を得ることで情報の範囲が広がります。

転職エージェントによっては独占非公開求人もあります。

また転職エージェントによって強み・弱み・得意分野があります。

2社、3社と利用することで情報に厚みがでて安心して転職活動を進められます。

 

コンサル山田
今は2社、3社利用するのが当たり前だ。

 

転職エージェント」についてはコチラの記事でも詳細にまとめています。

転職エージェントおすすめ
転職エージェントおすすめ12選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

いまや転職を成功させるためにかかせないのが転職エージェント。 以前は年齢・スキル・経験によって転職の方法は異なり、たとえば以下のような方法で転職活動をしていました。   以前までの転職方法 ...

続きを見る

 

転職口コミサイトを見る

転職先の評判を知るためには転職口コミサイトの活用も効果的です。

もちろん某グルメ口コミサイトのように「やらせ」書き込みも一部あります。そのため複数の転職口コミサイトで情報はできる限り集めましょう。

たしかに特徴としてはネガティブな口コミが集まりやすいのと、部署によっても雰囲気が変わってくるのですべてを100%そのまま信じることはできません。

ただ複数の転職クチコミサイトを利用することである程度の評判が見えてきます。

 

転職口コミサイト」についてはコチラの記事でも詳細にまとめています。

転職口コミサイト
【転職口コミサイト比較】実際に利用して信用できる4サイトはコレ!

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

続きを見る

 

 

転職成功&年収アップを目指せ!

転職成功&年収アップのポイントをご紹介してきました。

難しことはありません。

「やりがいを感じる仕事」を選び「成長業界で働く」そして「自分のキャリア・年齢にあった転職方法を選ぶ」。

さらに「転職エージェントの活用」と「転職口コミサイトでチェック」これが転職の基本です。

 

コンサル山田
今回ご紹介したことは転職するときに何度も確認してほしい

 

今一度気になる項目をご覧になりたい方はコチラからジャンプできます。
秘書ひとみ

 

 

現在、仕事がうまくいってない、転職したいと思っている人はぜひ今回の記事を参考にしてください。

みなさんの転職成功を願っております。

 

また今回ご紹介した参考記事一覧もコチラでまとめています。
今回の中で気になる記事は是非チェックしてください。

やりがいのある仕事とは
やりがいのある仕事とは?やりがいを感じる5つの要素とやりがいのある仕事の探し方

「やりがいのある仕事」ビジネスパーソンは起きている時間の半分以上、仕事に関わっているのですから、心の底からやりがいを感じる仕事に就きたいものですよね。 仕事がやりがいある人生幸福度も上がります。 そん ...

続きを見る

この先伸びる業界は?
この先10年伸びる業界へ転職して人生逆転を狙おう!

コンサル山田衰退業界で働くといつまでたっても給料があがらんぞ。将来のことを考えると常に伸びる業界で働く事を意識しなければならない。   「今いる会社が明らかに衰退産業」 「景気が悪すぎて給料 ...

続きを見る

雇用契約が違う
フリーターから正社員になろう!2019年最大の就職チャンス到来中〜就職完全マニュアル

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はおろか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由は ...

続きを見る

転職口コミサイト
【転職口コミサイト比較】実際に利用して信用できる4サイトはコレ!

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

続きを見る

 

年齢別の転職エージェントもコチラでご紹介しています。

転職エージェントおすすめ
転職エージェントおすすめ12選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

いまや転職を成功させるためにかかせないのが転職エージェント。 以前は年齢・スキル・経験によって転職の方法は異なり、たとえば以下のような方法で転職活動をしていました。   以前までの転職方法 ...

続きを見る

20代転職エージェントおすすめ8社
20代おすすめ転職エージェント!20代キャリア3タイプ別厳選8社をご紹介

転職エージェントを使った転職といえば、「20代の若手よりは30代・マネジメント層向け」というイメージが以前はありました。 しかし現在では20代の転職でも転職エージェントの利用は必須です。   ...

続きを見る

ヘッドハンティングされる人材
ヘッドハンティングで転職は要注意!ヘッドハンティングのメリットと注意点

「ヘッドハンティング」優秀がビジネスパーソンに声がかかる特別なスカウトです。   コンサル山田ビジネスパーソンとして「ヘッドハンティング」という言葉にどこか憧れがあるな。   ヘッ ...

続きを見る

職歴なし
「職歴なし」でも就職問題なし!80%が成功した仕事選びから履歴書、面接の方法まで解説

「職歴なし」から希望の会社へ就職ってできるのでしょうか。 大丈夫です。 有効求人倍率が上がっている今のタイミングであれば「職歴なし」からも希望の会社への就職が充分に可能です。   ただし企業 ...

続きを見る

 

 

コンサル山田
ときどき私からLINE@で転職情報・ビジネス情報を送るからぜひLINE@も気軽に登録してほしい。

 

友だち追加

\ フォローしてね /

 

\ たったの10秒無料診断 /

>> 10秒転職診断はコチラ! <<

 

 

投稿日:2018年12月21日 更新日:

Copyright© 転職マニュアルZ , 2019 All Rights Reserved.