転職マニュアルZ

仕事選びは人生選び - 自分に合った転職を -

転職マニュアル

思い切って海外へ転職!まず何からはじめればいいの?

投稿日:

最近何かと耳にする「海外転職」。

なんだかかっこいいし気になっているけど自分もできるかどうかわからない…。

そんな方のために、ここでは海外への転職を成功させるために始めるべきことをお伝えします。

少しでも興味を持っている方は、今こそ海外転職のチャンスです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

海外へ転職することのメリットは?

海外へ転職すること、異文化の中での仕事は簡単なことではありません。しかし、それでも海外へ転職することにはたくさんのメリットがあります!

ここではそのメリットをご紹介します。

メリット1:国によっては生活費が浮く

タイやインド 、フィリピンなど新興国に転職する場合は日本で働くよりも貯金できる可能性があります。

未経験での海外転職ではあまり給与は高くなく、日本の新卒レベルの給与からスタートすることがほとんどです。ですが、住居の補助を出してくれる企業が多く、家賃を節約できる可能性が十分にあります。

また新興国は日本よりも物価が安いために生活費がかかりません。携帯電話の毎月の料金も1000円以下、1食も100円かからない、なんてことが通常です。

食が合わずに日本食ばかり食べるとなると逆にお金がかかってしまいますが、食へのこだわりがそれほど強くないのなら生活費をかなり抑えることができます!

メリット2:経験値・ストレス耐性がつく

海外で働くと、ビジネスマンとしてだけでなく人間としての経験値が上がります。慣れない海外での生活はストレスもかなりかかってきます。ですがそれを乗り越えれば、成長が確約されていると言っても過言ではありません。

日本のように時間・期限厳守が当たり前と思っていると平気で取引をすっぽかされたりします。
また私生活でも日本のように安全で便利ではないため、食あたりや部屋の水漏れ…などあらゆる問題に同時に対処していかなければなりません。

そのため、そのストレスを乗り越えていけば日本では10年かかっても得られないような経験値が獲得できるでしょう。

メリット3:キャリアに箔がつく

最近では英語ができる人が増えてきましたが、実際にビジネスの場面で英語を使ってきたような人や、文化的背景が違う人と仕事をしてきた人はそれほどまだ多くありません。

そのために海外勤務を終了して再度日本で就職する時にはその経験が様々な企業から重宝され、キャリアアップできること間違いありません。

 

 

海外転職に大事な自分の英語力をチェック

そんなメリットも踏まえ、やっぱり自分は海外に転職したい!そう思ったら、今の自分の英語力がどれだけあるかをチェックしてみましょう。

海外での転職でも業務自体は日本語で進める仕事もたくさんあります。しかし、やはり採用の基準として用いられるのは英語力です。

英語で書かれた文章を読むことは避けられないことで、また現地の方とのやりとりはどの国でも基本英語となります。
そのため、英語は必須だということは覚悟しておきましょう。

しかし、話せる必要はありません。海外に行って話そうとするうちに話せるようになるものです。
不安な方はオンライン講座や駅前留学などを利用するのも手です。

 

それ以上に評価基準とされているのが、TOEICです。日本の企業はTOEICの点数で人の英語力を測るため、まずTOEICの点数をとっておくことがとても大切です。

600点以上、できれば700点以上を転職する前に取得しておきましょう。
英語の勉強に抵抗がありすぎる、という人はそもそも海外転職に向いていません。

自分の素質を確かめるためにも、一度TOEICに向き合ってみましょう。

 

働きたい国を探そう

英語もばっちり!TOEICのハードルをクリアすれば、転職活動開始も間近です。

次にやることとして、転職したい国を数カ国に絞りましょう。もちろん広くもできるのですが、就活のやり方として国・地域を絞ってから求人を待つ、という方がスピーディーに進みます。

マレーシア、フィリピン、タイ…など今では様々な国で求人が募集されていますが、おすすめの国はインドです。
「空気が悪い」「人口が多い」「汚い」きっとそんなイメージを持たれていると思いますが、インド就職のメリットはたくさんあります!

まず1つ目は給与が他の国よりも高いことです。インドの法律で「外国人を雇用する場合の最低賃金が約300万円以上」と決められているために、確実にその金額を受け取ることができます。
一方他の国ではそういった規定がないために、月10万円以下の給料ということもあります。

2つ目は経済が活発なため求人が多いことです。人口が年々増え経済成長も著しいインドは雇用が増えています。またIT産業も急成長中なので、新しいスキルを身につけることもできます。

3つ目は暮らしやすいことです。空気が悪い、汚い…そんなイメージはインド北部や首都ニューデリーあたりのことです。南部は空気が比較的綺麗で、また人も穏やかなためにかなり住みやすくなっています。
IT産業・製造業の中心地・バンガロールという街は整備されているところも多く、ヨーロッパのようなパブが並んでいる道も各所にあり娯楽もばっちりです。

 

 

海外転職活動 志望動機

行きたい国も決まれば、いよいよ就活開始です。その際注意しておきたいのが、職種を絞りすぎないことです。

海外転職の場合は未経験も歓迎されている仕事がたくさんあるため、エージェントに登録すると様々な求人に応募することができます。

そのため、自分の経験を生かしつつもこだわりすぎず、よい条件のものがあれば未経験でも飛び込んでみる冒険心を持っておきましょう。

 

 

海外へ転職する際のおすすめの転職エージェント

私の知人の一人が実際にインドへの転職を成功させたのですが、その際に利用していたのがリクルートの海外求人紹介サービスです。

地域はアジアに限られるのですが、他のエージェントと比べてもやはり大手のため求人数が格段に多く、担当者も積極的に企業にアプローチしてくれるとのことでした。
海外転職を考えている人は登録しておいて損はありません。

リクルート RGF HRエージェント
https://www.rgf-hragent.asia/

スポンサーリンク

 

思い切って海外へ転職 まとめ

海外転職と言っても、今では難しいことではない時代です。英語力をアピールできるレベルに高め、国を選び、そしてエージェントに登録して求人を紹介してもらう、シンプルなステップを踏むだけです。

海外転職の経験はあなたを人間として大きく成長させてくれます。興味があるなら、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
転職コンサル山田

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

まずはこの話題の記事から

転職エージェント おすすめ 1

年齢・スキル・経験によって転職の方法は変えていかなければなりません。 とくに経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は転職のプロである転職エージェントを利用した転職が成功の鍵であることは間違いな ...

ブラック企業 見抜く 2

どんなに転職に焦っていても絶対に「ブラック企業」だけは避けなければなりません。 世間的にはあまりに酷いブラック企業はSNSなどで叩かれる時代になりましたが、まだまだ隠れブラック企業は星の数ほどあります ...

職歴なし 3

「職歴なし」から就職ってできるのでしょうか。 大丈夫です。今のタイミングであれば充分に「職歴なし」からも就職が可能です。   ただし企業側から見ればもちろん職歴がある人が有利ですし「職歴なし ...

雇用契約が違う 4

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚や老後などの考えられない」 「責任のある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由はいろいろあれど、フリ ...

転職口コミサイト 5

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-転職マニュアル
-

Copyright© 転職マニュアルZ , 2018 All Rights Reserved.