35歳からの転職

年齢別

【35歳からの転職】これまでの強みと経験を活かして最高レベルの転職を成功させよう!

投稿日:2018年9月14日 更新日:

昔は「転職限界年齢は35歳」などと言われていたことがありました。

しかし有効求人倍率が伸びている現在、新卒採用だけでなく、転職においても売り手市場の追い風を受けて、若手だけではなくミドル世代の転職が増えています。

経験のある30代は伸び盛りの企業にとっては喉から手がでるほど欲しいのです。

とくにマネジメント経験や大きなプロジェクトの経験をもった人材は貴重です。これは大手転職エージェントの調査結果を見てもその傾向は明らかです。

そこで今回は35歳を超えて転職活動をする際のポイントについて取り上げます。35歳はコレまでの強みと経験をいかがして最高レベルの転職ができる年齢です。

ぜひ転職を成功させましょう。

 

35歳の転職はこれまでの経験を振り返り「強み」を活かす

社会人としてのこれまでの経験を書き出してみましょう。

ずっと同業種であれば、当然、その業界の知識が強みになります。いくつかの業種を経験していても、職種が同じであれば、アピールポイントになります。

過去の転職や異動で業種も職種も変わっている場合は、それぞれで身に着けた強みを探しましょう。よく考えてみると、共通点が出てくる可能性があります。

例えば専門職から事務職に変わっている場合は、「間違いの許されない、細かい作業が得意」などです。自分の強みを認識して、応募の際にアピールできるようにしておきましょう。

 

 

35歳からはマネジメント経験は重要

35歳以上になると、マネジメント経験を求められる場合が多くなります。管理職にあり、部下を統率した経験のある人は、それをアピールできます。

 

管理職の経験がない人は、自分がリーダーとなって、人や意見を取りまとめる業務にあたったことがあれば、整理しておきましょう。

例えば次のようなことです。

  • 部署を代表して、サービスに関する意見をまとめ、他部署との会議に出席して検討した。
  • イベントの際、会場の責任者として、スタッフへの指示やトラブル対応にあたった。
  • 社内プロジェクトのリーダーとして、メンバーの意見のとりまとめや、リーダー会議での発表、取引先との折衝を行った。
  • 後輩社員や派遣社員への業務指導や監督を行った。

 

管理職の肩書きがなくても、リーダーや中心メンバーとしての業務経験は意外にあるものです。
そうした経験を、ぜひ、応募の際に伝えましょう。

 

 

35歳は何度も転職できない年齢なので自分の希望をしっかりと持つ

35歳以上の転職となると、数が増えてきているとはいえ、甘くないのは事実です。なかなか内定が出ずに、焦りを感じることもあるかもしれません。

そんなときに、本来希望していない条件の会社に決めてしまって、後悔することのないよう、転職に求めていることをまとめておきましょう。

  • 希望の業務は〇〇である。
  • 年収は〇〇万円以上。
  • 残業は月〇〇時間以内。
  • 休日出勤なし。

 

など、内定が出た場合は、自分の求める条件に合致しているか、よく確認してから入社しましょう。

 

また、転職に求めていることが、今の会社では本当に実現できないのか、一度考えてみることをおすすめします。
今の会社についてもじっくり考えたうえで、やはり転職を希望するということであれば、活動を始めましょう。

 

 

家族の協力も重要

転職しようとする人が一家の大黒柱であった場合、家族が不安がる可能性があります。転職に対する自分の気持ちや条件を丁寧に伝え、家族に納得してもらってから活動を始めましょう。

 

転職後のギャップを覚悟する

どんなに条件を確認しても、入社すると、「えっ」と驚くようなことや、「こんなはずじゃなかった…」と思うようなことが出てくる可能性が非常に高いです。

年齢が上がってくると、新しい環境に慣れるのに時間がかかるようになります。慣れるまでは何らかのギャップや戸惑いを感じることを覚悟しておいてください。

 

 

転職サイトと転職エージェントをうまく活用する

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは、基本的に、公開されている求人情報が掲載されているサイトです。企業からのスカウトは、サイト経由ではありますが自分で直接、企業の担当者とやり取りすることになります。

転職エージェントとは、非公開の求人案件があり、専門のキャリアアドバイザー(呼び方は会社によります)が間に入って、転職のサポートをしてくれる会社のことです。

35歳以上の転職活動では、少しでも有利になるように、両方をうまく使って進めましょう。

 

おすすめの転職サイト

35歳以上の転職活動におすすめの転職サイトは次の5つです。

・リクナビNEXT
リクルートが運営する、最大手の転職サイトです。求人案件が多いため、35歳以上の求人情報も少なからずあります。特集が組まれていることもありますので、探してみましょう。

・DODA
こちらも大手の転職サイトです。転職サイトと転職エージェントが一緒になったサイトですので、一度に両方に登録できて便利です。

・enミドルの転職
ミドル世代の求人情報に特化したサイトです。求人件数は6万件以上と、充実しています。

・マイナビミドルシニア
こちらもミドル・シニア世代に特化したサイトです。会員登録すると、応募の前に自分が採用対象かどうかを企業に確認する機能が利用できます。

・FROM40
40代以上の求人案件を掲載しているサイトです。地域は関西以北になります。

 

おすすめの転職エージェント

35歳以上の転職活動におすすめの転職エージェントは次の5つです。

・リクルートエージェント
求人案件数が業界No.1の転職エージェントです。転職に関するノウハウが豊富ですから、まずは登録しましょう。

・DODA
転職サイトでもご紹介しましたが、こちらも大手の転職エージェントです。転職サイトと同じサイトから登録できます。

・パソナキャリア
きめ細かなサポートに定評のある転職エージェントです。35歳以上でも丁寧なサポートが期待できます。

・エンエージェント
転職サイトでも、ミドルの転職に力を入れているエンの転職エージェントです。35歳以上でも、強力にバックアップしてくれるでしょう。

・ビズリーチ
年収600万円以上のハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。管理職の経験がある人には、おすすめです。

参考転職エージェントおすすめ10選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

 

まとめ

35歳以上の転職市場が活気づいてきたのは、上で触れたおすすめの転職サイトや転職エージェントのサイトを見てもわかります。それぞれ、ミドル世代に特化した求人情報のコーナーが多く見られます。

また、「ミドルの転職」で広告を打っているサイトもあります。

とはいえ、20代などに比べると求められるレベルも上がっていますから、これまでのキャリアを整理し、自分の強みと転職に求める条件を理解したうえで、焦らずじっくり活動しましょう。そして、納得のいく転職先を見つけてください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
転職コンサル山田

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

まずはこの話題の記事から

転職エージェント おすすめ 1

年齢・スキル・経験によって転職の方法は変えていかなければなりません。 とくに経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は転職のプロである転職エージェントを利用した転職が成功の鍵であることは間違いな ...

ブラック企業 見抜く 2

どんなに転職に焦っていても絶対に「ブラック企業」だけは避けなければなりません。 世間的にはあまりに酷いブラック企業はSNSなどで叩かれる時代になりましたが、まだまだ隠れブラック企業は星の数ほどあります ...

雇用契約が違う 3

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚や老後などの考えられない」 「責任のある仕事にもう一回チャンジしたい」   など理由はいろいろあれど、フリ ...

転職口コミサイト 4

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-年齢別
-,

Copyright© 転職マニュアルZ , 2018 All Rights Reserved.